足やせダイエット方法やトレーニングについて

効率良く足やせダイエットをしたい場合には、ウォーキングが非常に効果があります。激しい運動や筋力トレーニングをすると筋肉が付き過ぎてしまうリスクがあります。私の場合は、自宅の周りを時間を掛けてウォーキングを行いました。背筋を伸ばしてゆっくり歩幅も広くウォーキングする事で足やせだけでなく全身のダイエット効果も得られます。

 

次にスクワット運動も取り入れました。スクワットは、大きいエネルギーを消費する事が可能な運動です。息を吐きながら太ももが床と平行になるまで腰を落とします。この動作を20回2セットを毎日行いました。エネルギー消費が大きいですが、スクワット運動をし過ぎると逆に筋肉が付いてしまい足が太くなってしまいます。その為、適度な回数に抑えてトレーニングをする必要があります。ストレッチも足やせに効果があります。足伸ばしストレッチや膝を使うストレッチなどを行いました。ストレッチは、手軽かつ短時間で実施出来る為、空いた時間に実施する事が出来ます。市販で売っている着圧ソックスなども効果的です。

 

ソックスを履いているだけで足やせ効果が出ます。また、マッサージをする事で足の血行を良くして脂肪を燃焼させる効果があります。足やせには、様々な方法があるため自分に合った運動やトレーニング、ストレッチを実施していくと効率良く足やせが出来ます。また、筋肉が付き過ぎるのを防止するため無理のない運動やトレーニングを心掛ける事が大切です。

痩身エステについて。気になる効果はどれくらい?

女性は、どんなときでも美容に興味があるものです。ダイエットをしていても効果があまり感じられなかったり、なかなか続けられなくて困っている人もいるでしょう。

 

そんな人のために、「痩身エステ」というエステのコースがあります。これはその名の通りに、スタイルが良いように見える身体にしてくれるというエステなんです。エステといえば美肌などの美容のための施設というイメージがありますが、多くの女性の要望を受けて最近ではこのようなコースも増えているのです。

 

痩身エステでは、ダイエットをしていてもどうしても「部分やせ」ができないところをケアしてくれるというのが最大の特徴です。たとえば、体重そのものは落とせることができるんだけど、太ももや二の腕のお肉がぽっちゃりしてて困っているという方に最適なコースといえるでしょう。

 

痩身エステが行うマッサージによって、その部分の値の流れ・リンパの流れを良くして部分やせが可能となりスタイルがよい身体にしてもらえるのです。つまり、痩身エステの効果というのは、全体的な体重の低下ではなく、部分やせに効果があって、見た目をよくしてくれるという効果になります。また、痩身エステは「むくみ」にも効果があり、むくみにくい身体にしてくれるというのも魅力のひとつとなっています。むくみというのは多くの女性が悩んでいる症状ですが、リンパや血行の流れを良くすることで、むくみにくい身体にしてくれるのです。ということで、痩身エステは「むくみ」に悩んでいる人にもおすすめとなります。

» 続きを読む

ローフードを食べて足のむくみを取ろう〜♪

足のむくみを取るには、ローフードを食べると良いです。ローフードとは、火を通していない生の食品のことです。食品の中でも特にビタミンやミネラルや食物繊維が豊富なフルーツや野菜を生で食べると、足のむくみが取れてスッキリとした足にすることが出来ます。生のフルーツや生の野菜には利尿作用のあるカリウムが豊富に含まれているので、足のむくみをスッキリと取ることが出来ます。加熱していない生のフルーツや生の野菜には酵素が豊富に含まれていて消化吸収しやすいので、他の食べ物を食べた時よりも体に負担がかかりません

 

逆に足がむくんでしまう食べ物は、白米や白い餅米や白い小麦粉などの精製されている穀物で作られている食品や砂糖が入っている食品や塩が入っている食品、そして精製された油や加工油が入っている食品などです。精製されている穀物で作られている食品は、白米のご飯や白いお餅や白いパンやピザやラーメンやうどんやそうめんや冷や麦などの麺類、クッキーやクラッカーやケーキやおまんじゅうなどお菓子などです。砂糖が入っている食品は、白砂糖や黒糖などの甘味料やお菓子や市販のお総菜やお弁当や調味料やジュースや清涼飲料水などです。塩が入っている食品は、天然塩や調味料や市販のお総菜やお弁当やお菓子などです。精製された油や加工油が入っている食品は、焼き物や揚げ物などのお総菜やお菓子やパンなどです。こういった食品を食べると足がむくんで足が太くなってしまいます。なので足がむくまないように、こういった食品はなるべく食べないようにしたほうが良いです。

» 続きを読む

足やせは日常にちょっと工夫するだけで効果がある

私は小学校高学年の頃から何故だか下半身太りに悩んできました。上半身は普通体型なので特に肥満というわけではないと思うのですが、特に足が太いのがとにかく嫌でしたね。

 

特に高校生の頃流行ったロングブーツが履けないのが悲しくて悔しかったです。そんなコンプレックスから足やせに関しては凄く敏感でした。

 

高校生の頃、足やせに効果があると言われていた姿勢を正す効果もあるというサンダルを家の中でずっと履いたりしましたが、あまり目に見えた効果を実感出来なかったので直ぐに止めてしまいました。おまけに私は大の運動嫌いという事もあって益々足やせし難い体質になってしまったのでした。

 

社会人になって学生時代よりもお洒落に気を使う様になったので尚更太い足が嫌で溜まりませんでした。そんな時に面倒と思いつつも始めたのがリンパマッサージでした。お風呂に入りながらむくみを解消しつつほっそりとした足を手に入れるのに効果的なのです。

 

私は足が冷え性で血行が悪い為にむくみやすい体質だったので、それも太い足の原因だと思っていました。なのでまずは根底である冷え性を改善させればむくみもせずほっそりとした足になれると思ったのです。

 

お風呂の中で足首から太ももの付け根までギュっと絞りながらマッサージをしていき、お風呂上りもボディミルク等を付けて更にマッサージを続けたらブーツもすんなり履ける様になりました。

 

マッサージ以外にも下半身を引き締める効果があるスクワットを日々取り入れたり沢山歩く様に心掛けています。

» 続きを読む

台湾の漢方医による、今までなかった足痩せ法

私は遺伝的に下半身太りで、上半身はわりとすっきりしていて体脂肪もむしろ低く、肥満とは無縁ですがどうしても小さい頃から脚が太く、それが嫌でしょうがないという状態が長年続いていました。具合が悪くなって痩せることはあっても、決まって痩せるのは顔やお腹で脚は太いままでした。三年前に台湾に半年ぐらいいた時期があるのですが、そのときに試したのが一見少し危なっかしい、そして怪しく聞こえるかもしれない漢方に頼った方法で一時的にですが脚痩せを実現することができました。それは「埋線」という方法です。

 

「埋線」とは、羊のお腹の皮を、針のような器具を使って何本か痩せたい部分に差し込むのですが、この差し込んだ「線」が身体の中の脂肪を溶かしてくれるそうです。それと同時に、漢方医の先生に商法してもらった代謝を良くする漢方薬も飲むのですが、これで三ヶ月続けただけで結果は目に見えるほど出ました。ちなみに夜は炭水化物は控えると効果は更に大きくなります。私は左右の太ももとふくらはぎを合わせて14本の「線」を毎週差し込んでもらい、漢方薬も毎週もらいに行っていました。はっきり言って差し込むときの恐怖と痛みは最初のうちは強烈なものでしたが、慣れると当たり前になり、普通の注射がとても軽いものに感じるようになります。

 

今まで部分痩せを実現できたことがなかったので、この台湾でしかできない「埋線」の効果にとても感心しました。しかし、残念ながら日本に戻ってからはもうできなくなったので、やらなくなったら元に戻ってしまいました。やはりこの独特な方法は、効果があるのは良いのですが、ずっと続けないと元に戻ってしまうのが欠点です。仮にずっと台湾に住んでいてやり続けたとしても、長期的に考えるとかなりの出費になります。永遠にできるものではありませんね。何か結婚式や写真撮影など特定のイベントのために一時的に痩せるためにやるのが良いです。

» 続きを読む

脚やせタイツは足のむくみが取れる

足やせについては、本当にむつかしいと感じます。私の場合も、ダイエットを脚やせ木亭で行ってもなかなか細くすることができませんでした。それは食事や運動で脚やせを行うのは、相当しないと無理ということに気づいたのです。そのため、ほかの事を考えることにしました。

 

そんな時、友人が脚やせをタイツで行うことはできたというのです。立ち仕事が多い私にとって、それはとても興味のあることだったのです。

 

その方法としては、その脚やせタイツを立っているあいだ、常時使うということです。タイツなのでスカートをはいている時には、使うことができません。それは足首まであるタイツだったからです。しかし、どうしても脚やせをしたい私は、なんとか太ももだけのタイツを探したのです。それだったら、太ももを細くすることができますね。その結果、太ももだけの締め付けることができるタイツがありました。そして、それを使うことにしたのです。

 

実際には、仕事をしている時と入浴をするまでは使用することにしました。すると、とても足が軽くなるのです。軽くなっているということは、足が細くなっていることかなと、密かに期待をしていました。すると、約2ヶ月続けて履いたところ、足の太ももヤセをさせることができたのです。細くなるというよりは、余分な水分が取れたという感じです。

 

とてもスッキリとさせることができたので、パンツやスカートを履きやすくなりました。そのタイツは、半永久的に使うことができて、とても便利です。

» 続きを読む

足やせは毎日のマッサージや足のケアを行うことが大切

足の太さが気になる女性は多いですが元々肉付きが良く足が太目な場合とふくらはぎのむくみによって足が太く見えている場合があるのでどちらにも言えることですが足の太さやむくみはしっかりと足のケアを行うことで太い足も細く、むくみも解消していきます。太い、むくんでいるとわかりながら何も対処を行わないと足の太さは絶対に解消しないので足のケアは女性のとってとても大切なのでお風呂に入りながらやお風呂上りに毎日行えるように生活に取り入れていきましょう。足の太さの中でも特に気になるふくらはぎ、太ももですが血行や血流をよくすることでふくらはぎや太ももにたまった老廃物を流すことができ簡単に血行を良くするためにはお風呂に浸かりながらのマッサージが効果的です。

 

足の裏から太ももまで全てを指と手を使ってマッサージすることで自然に血流が良くなりふくらはぎや太ももにたまっている老廃物が流れるのでマッサージを行うことでお風呂上りには足全体がスッキリしています。さらにお風呂上りも足用のジェルやボディクリームなどで指を滑らせながら足全体をマッサージすることで足の太さもむくみも必ず解消するので足やせのためには毎日お風呂に入りながら、出た後のマッサージとケアを日課として取り入れましょう。マッサージと共に足痩せには足やせ運動を行うことも効果的なのでできる事なら毎日数回ずつでも行うとより足やせすることができ足やせやむくみ予防用の靴下や足を高くして寝ることができる足用まくらなどを活用すると更に効果が上がるので自分の性格に合っている足やせ法を取り入れて細く、むくみのない足を目指していきましょう。

» 続きを読む

普段の生活でコツコツと!ながら筋トレで綺麗に足痩せ

女性なら誰しも美脚になりたいですよね。日本人はO脚やX脚などの悩みを抱えている方も多いと思います。日本の習慣の正座もお行儀よく見えますが実は美脚にはオススメではありません。バレリーナを目指す子供には正座をさせないとも聞きます。足痩せ、美脚のためのエステや骨盤矯正など様々なお店がありますが、日常のスキマ時間にちょこっと頑張るだけできっと今よりも引き締まった美脚が手に入ると思います。足痩せを目指すには、きゅっと見える足首、そして膝小僧がくっきり見えていて太ももの間は向こう側が見えるように隙間が見えること。そして欲を言えば馬のようにプリッとしたお尻の筋肉も欲しいところです。日本人は欧米人と筋肉の付き方や強さが異なるので鍛えないと美尻を手に入れるのは難しいのです。さて、実際に筋トレをご紹介するのではなく日常でながら動きをするのが忙しい女性には向いていると思います。

 

一日に自宅で何回も行く場所はどこでしょう。朝起きてから、食卓につく前、お手洗いの後、お風呂の後、寝る前、それは洗面所です。洗面所に来たら、足痩せ特訓タイムにするのです。何をやるかというと、つま先立ちです。どんなに運動神経が鈍くてもつま先だちなら誰でもできます。ポイントは親指の力を入れて踏ん張ることです。さらに、離れがちになる両膝をくっつけてみます。そうするには、内ももにも力を入れないといけません。ただつま先だちだけなのに、意外とキープするには色々なところに力がいるのです。これを続けていると腹筋も強くなるというおまけ付きです。難しい筋トレをはできないけれど、つま先立ちなら足痩せの為に頑張れると思います。

» 続きを読む